暮らしの法律相談

これって架空請求?

インターネットトラブル

1. 架空請求(?)がきた!

インターネットをしていたら,ある日突然,「●●の会員登録が成立しました。9万9000円を支払ってください」という画面が開いてたり,メールが来たりして真っ青になった,ということはありませんか?
聞いた話,消費者生活センターに来る相談のトップは,こういったワンクリック詐欺とか架空請求と言われるもので,吉田法律事務所にもよくそういったお客様がやってきます。
結論から言えば,こういったものは99%,支払う必要はありません。無視してください。表示されている番号に電話してはいけません。
ワンクリック詐欺がどういうものか,説明すると長くなるのですが,詐欺かそうでないかの説明をすることにします。

2. 架空請求の見分け方

さて,無視をしてください,と言っても不安になるのが人情といったもの。次からは,違法な請求かどうかの見分け方を説明します。
請求が来ているのなら,その画面かメールの下の方にでも,振込先と相手の会社名が書いてあると思います。たとえば,「●×□株式会社」とか「●●企画」とかです。
では,次はその「●×□株式会社」とヤフーかグーグルで検索してみてください。もっとわかりやすく,「●×□株式会社架空請求」とか「●×□株式会社ワンクリック」でもいいです。
現代は情報化社会ですから,この手の違法な詐欺会社は個人のブログとか,2ちゃんとか,爆サイとかで実名があがっているのが普通です。もし,そういったページが見つかれば,間違いなく架空請求でしょう。自信をもって無視してください。たまに,実在の企業の名前を使っている場合があるのですが,そのときは「●×□株式会社架空請求」で検索してみてください。

3. 個人的な感想

どうでもいい話ですが,この手のアダルト動画の架空請求,なぜか驚くほど料金が高いです。アダルト動画を3日見放題で9万9000円とかです。
ここで,友人から教えてもらった健全な業者さんを見てみたところ,30日間で4950円,90日間で1万3000円程度でした。ビデオ1本300円でレンタルできるとして,月16本も見ればモトが取れる計算ですね。
ところが,ワンクリック詐欺業者の提示する30日で9万9000円となると300円レンタルのビデオ330本分。毎日30本以上見ないとモトが取れないとか,どう考えても怪しいですよね。